Git入門#06(変更履歴を見てみよう)




hiromin
今日はファイルの変更履歴を確認する方法を教えてくれるんでしょ!?早く教えてー!
cocomaru
はいはい、そんなに慌てなくても教えるから^^;
cocomaru
じゃあ早速だけど実践してみよっか!
hiromin
はい!

変更履歴(ログ)を確認してみよう

こんにちは!cocomaruです。

今回はファイルの変更履歴の確認方法を説明します。
自分で何度かコミットを繰り返していったり、またはチームで開発していると他の人が追加したコミットの履歴をみて、過去に何が行ったのか知りたくなる事があるかと思います。

そんな時に役立つコマンドが「git log」コマンドになります。

git log

それでは早速、使ってみましょう!

前回の作業用ディレクトリに対して、git logを実行してみてください。
今まで「Git入門」の記事を第一回目から見て実践して頂いた方は、メッセージなど多少の差異はあれ、以下のような形で表示されたかと思います。

# 前回使った作業用ディレクトリへ移動 
$ cd ~/Desktop/WorkDir
# git logで変更履歴を確認する 
$ git log
commit e033a11d38df65ed2612e72058bad9ed18b137a7 (HEAD -> master)
Author: cocomaru 
Date:   Sun Jul 22 23:03:14 2018 +0900

    git diff練習用に1行追加

commit dec7055946ca7ad16c7b92b3e197836822f8d479
Author: cocomaru 
Date:   Sun Jul 22 01:46:11 2018 +0900

    git status練習用に1行追加

commit 577fbc461f2e6907d25a3e13328b70fb1ecfc976
Author: cocomaru 
Date:   Sun Jul 22 00:25:04 2018 +0900

    index.htmlを追加

では履歴の内容を確認してみましょう。

まず「commit ※ながーい文字列」が表示されてますが、これはコミットのハッシュ値になっていて、要はコミットのIDになります。
※今は知る必要がありませんが、今後、コミットの操作を取り消したいとか、あの時の状態にまで戻りたいといった時に使ったりします。

また下の「Author」や「Date」はそのままの意味で、コミットした人やコミットした日時になりますね。
「Author」や「Date」の下には「コミットメッセージ」が表示されているのが分かるかと思います。

今のところ3コミットしかないのでログを見ても追いやすいですが、これが何十以上のコミットにもなると、このコミットメッセージの書き方が重要になってくるので、
前回お伝えした通りわかりやすいメッセージを書くように意識してみてください!

では次に「git log」のいくつかの使い方を覚えていきましょう。

git log –oneline

上記の表示では1コミット分のログが数行で表示されますが、コンパクトにみたいってなった時は「–oneline」というオプションをつけてみてください。

$ git log --oneline
e033a11 (HEAD -> master) git diff練習用に1行追加
dec7055 git status練習用に1行追加
577fbc4 index.htmlを追加

上記の通り見やすくなったかと思います。

git log -p <ファイル名>

履歴だけでなく、変更箇所も知りたいなって思った時は、「-p <ファイル名> ※<ファイル名>は省略しても良い」と実行すると良いでしょう。

※実際に実行した結果を表示したいのですが、あまりにも長くなるので割愛します…

git log -n <コミット数>

全ての履歴ではなく最新の履歴から「N」件分だけみたいという時は、「-n <コミット数>」と指定してください。

# 1件分だけ表示 
$ git log -n 1
commit e033a11d38df65ed2612e72058bad9ed18b137a7 (HEAD -> master)
Author: cocomaru 
Date:   Sun Jul 22 23:03:14 2018 +0900

    git diff練習用に1行追加

git log –name-only

変更されたファイルの一覧のみを表示する時は「–name-only」を指定してください。
上述の「–oneline」と組み合わせると便利です。

$ git log --name-only --oneline
e033a11 (HEAD -> master) git diff練習用に1行追加
index.html
dec7055 git status練習用に1行追加
index.html
577fbc4 index.htmlを追加
index.html

その他にも色々と便利なオプションがあるので興味がある方は、コチラのサイトを参考に調べて使ってみてください^^


cocomaru
変更履歴の確認方法については以上です!
hiromin
ありがとうございましたー♩…で他には?次は何?!
cocomaru
(ど、貪欲だなぁ…)じゃ、じゃあ次はファイルの削除や移動について教えるね!
hiromin
お願いしますー!!

以上でファイル変更履歴の見方についての説明は終わりです。
頻繁に使うコマンドになるので、この機会にぜひ覚えていただければと思います!

では、次回もよろしくお願いします^^

Git入門#07(ファイルの移動・削除をしてみよう)

2018.07.28









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。