Laravel入門#04(日本語化対応)




こんにちは、cocomaruです!

いつもお読み頂き、ありがとうございます!

今回はLaravelで日本語化を行うための手順を紹介していきます。
この対応を行えば、バリデーションのメッセージなどを日本語で表示することができるようになります。

configファイルを編集しよう。

それでは早速、対応を進めていきましょう。

ロケールの設定

まずはロケールの設定を行います。

設定は「config/app.php」を以下のように編集します。

config/app.php
// ...
'locale' => 'ja',
// ...

タイムゾーンの設定

次にタイムゾーンを日本用に設定変更しましょう。
デフォルトは「UTC」となっていますが、それを以下のように変更してください。

config/app.php
// ...
'timezone' => 'Asia/Tokyo',
// ...

バリデーションメッセージを日本語化しよう

次はバリデーションメッセージを日本語化してみます。

既存のバリデーションメッセージファイルを日本語用へコピー

すでに「en」用のファイルがありますが、それを一旦コピーしましょう。

$ cp resources/lang/en/validation.php resources/lang/ja/validation.php

バリデーションメッセージファイルを日本語化

コピーが終わったら、該当のファイルを編集します。

今回、ToDoアプリのフォームバリデーションで使用したファイルを使って説明を進めます。

ここでは入力フォームの項目(attributes)の「task_name」という命名で、そのバリデーションは「必須」と「最大文字数チェック」でした。

ですので、今回は「max」と「required」のバリデーションルールのメッセージと、入力フォームの項目名を日本語化していきたいと思います。

resources/lang/ja/validation.php
<?php
 return [
    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Validation Language Lines
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | The following language lines contain the default error messages used by
    | the validator class. Some of these rules have multiple versions such
    | as the size rules. Feel free to tweak each of these messages here.
    |
    */
// ...
// その他の行は一旦削除
// ...
    'max'      => [
        'string' => ':attributeは:max文字以内で入力してください。',
    ],
    'required' => ':attributeは必須項目です。',
// ...
// その他の行は一旦削除
// ...
       /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Custom Validation Attributes
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | The following language lines are used to swap attribute place-holders
    | with something more reader friendly such as E-Mail Address instead
    | of "email". This simply helps us make messages a little cleaner.
    |
    */
     'attributes' => [
        'task_name' => 'タスク名'
    ],

viewファイルを日本語化

バリデーションファイルの編集が完了したら、viewファイルも「Task List」を「タスク一覧」、ボタン名の「Add」を「追加」のように日本語化していきます。
こちらに関しては、任意でお好きなように編集してください。

編集後

編集後の画面を見ると、いずれの画面も日本語化されていることが確認できました。

初期画面

エラー画面

以上が、Laravelの日本語化の対応方法になります。

不明点がございましたら、ご連絡ください!!

Laravel入門#05(ルーティング)

2018.09.23








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。